I.頭頸部の解剖

①口腔

図1

図2

 口腔とは大きく口を開けた時に見える口の中をいい、入り口は上下の唇からなっています。口腔はさらに舌、口腔底(舌と歯ぐきの間)、上下の歯肉(歯ぐき)、頬粘膜(頬の内側)、硬口蓋(口の天井)に分けることができます。硬口蓋の後方は軟口蓋、口蓋垂に連続しています。上下の顎にはそれぞれ成人では14・6本の永久歯が、小児では10本の乳歯が生えています(図2)。歯以外の口腔は重層扁平上皮からなる粘膜で覆われ、粘膜の下には唾液腺(小唾液腺)があります。また、口腔には耳下腺、顎下腺、舌下腺(大唾液腺)の管が開いており、そこから唾液が出て粘膜を潤しています。口腔の働きには、食物を摂取する(摂食)、噛み砕く(咀嚼)、味わう、飲み込む(嚥下)、喋る(発音・構音)等があり、いずれも日常生活に不可欠な働きをしています。

▲ページの先頭に戻る

②鼻・副鼻腔

▲ページの先頭に戻る

③上咽頭・中咽頭・下咽頭

咽頭の解剖(Gray's Anatomyより引用)

咽頭の解剖

 ヒトの咽頭いんとうは、上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つに分かれます。それぞれ、鼻の奥でのどの上の方、扁桃のあるところ、食道の入り口の部分と言うとわかりやすいでしょうか。

▲ページの先頭に戻る

④喉頭

 喉頭こうとうは舌骨より下にあり気管より上にある器官です。のど仏は喉頭の中の甲状軟骨の前端のことを指します。喉頭は空気の通り道(気道)で、甲状軟骨の裏側にある声帯を振動させることで発声する役割を果たしています。そのほか食物の気管や肺への流入の防止(下気道の保護)も重要な役割の一つです。

 

 

▲ページの先頭に戻る

⑤耳下腺と顔面神経

 顔面神経は耳下部の骨部(茎乳突孔)から軟部組織に現れ、耳下腺内を走行した後、皮下脂肪組織に入り、複雑なネットワークを形成しながら顔面の表情筋に分布しています。その枝としては、上方から大きく側頭枝、頬骨枝、頬筋枝、下顎縁枝、頸枝に分けられ、支配領域に多少の重複はあるものの前額部から頸部までの表情筋の動きを支配しています。

▲ページの先頭に戻る

⑥甲状腺・副甲状腺(上皮小体)

甲状腺の解剖(Gray's Anatomyより引用)

甲状腺の解剖

 甲状腺こうじょうせんは喉頭のやや下方で、気管の前面からこれを左右に蝶が翅を広げたような形で挟むように位置しています。甲状腺ホルモン、カルシトニンなどのホルモンを分泌して代謝の調節を行っています。

 副甲状腺ふくこうじょうせん上皮小体じょうひしょうたい)は甲状腺の裏側にある米粒大の組織で、通常は上下左右に計4個あり、甲状腺と同じく内分泌器官で、体内のカルシウムの調節を行っています。

 

▲ページの先頭に戻る