V.放射線治療

①放射線治療の概要

 放射線治療は腫瘍に放射線をあてて、これを縮小・消失させる目的で行われます。手術とは異なり人体の解剖学的な構造が基本的に温存されるため、治癒後の容貌変化、発声や咀嚼・嚥下機能などの低下が少ないことから頭頸部がんの治療に広く用いられています。また手術単独では治療が難しい場合に、手術に加えて放射線治療が併用される場合があります。場合によっては更に抗がん剤による化学療法も追加することもあります。

図23

左:強度変調放射線治療(IMRT) 右:通常の放射線治療

 放射線治療では病巣周辺の正常組織の被ばくが問題となりますが、近年では画像診断の進歩とコンピュータを用いた治療計画の発達によって、正常組織の被ばく線量を減らして腫瘍に集中的に放射線をあてる技術が急速に進歩してきています。

 右の図の赤く塗られた部分が腫瘍、等高線のような線は線量の強さを表す等線量曲線です。(線の内側ほど高い線量が照射されています)右側が通常の放射線治療で、赤く塗られた腫瘍の部分と舌、脊髄が同じように照射されています。左側が強度変調放射線治療で、舌と脊髄の部分が避けられています。

▲ページの先頭に戻る

②放射線治療の流れ

【a.診察】

 頭頸科(耳鼻咽喉科)医、放射線治療医による診察を行います。特に原発巣に関しては間接喉頭鏡や内視鏡などを用いて腫瘍の範囲を特定し、CTMRIの画像とあわせて治療計画に反映します。

【b.治療計画】

 実際にどの範囲に放射線治療を行うかのシミュレーションを行います。治療計画に際して首や顔が動かないようにシェルと呼ばれるお面のようなものを作ります。お面は加熱すると軟らかくなり、冷却すると硬くなる特殊な素材でできています(右図はその一例ですが病院によって、使用しているシェルの形状は一部違います)。

 まず患者さんはCTの台に仰向けにリラックスした状態で寝ていただきます(モデルは国立がんセンターの医師)。加熱して柔らかくなったシェル素材樹脂を顔面に当てて型を取ります。シェル素材は加熱されていますが、やけどはしない程度になっています。また鼻や口は密閉されないので呼吸は楽にできます。シェル素材は軟らかいうちに顔面の輪郭にフィットさせるとその形状のまま冷却され硬くなっていき、5・0分ほどでお面が完成します。